サステナビリティSustainability

重要課題3

  • SDGs5
  • SDGs8
  • SDGs10
  • SDGs16

働きやすく、活躍できる職場環境の提供

デジタル変革の時代においても、優れた人財を育成する仕組みがあるからこそ競争優位性の構築が可能となります。当社には、経営理念に「社員一人ひとりの幸福」 とあるように、長年にわたり従業員を第一に考える企業風土が根付いています。これを永続するために、従業員一人ひとりに、活躍できる場と機会の提供を行うとともに、それぞれのライフステージに合った働き方の多様性を支援しています。

多様性のある働き方の実現

育児や介護など従業員それぞれのライフステージに合わせ、時間や場所に制約されない働き方として、勤務地限定制度や勤務時間選択制度、在宅勤務の導入、休職中の情報提供など、キャリアを維持できる支援体制を強化しています。また、多くの外国籍の従業員を雇用しており、日本人と外国人が一緒に活躍できる職場環境を創出しています。
薬剤師、ビューティアドバイザー、管理栄養士などの専門人財については、女性比率が高く、出産後も長く働ける環境を整備しています。また、介護のための休業や労働時間の短縮を推奨し、自身の生活や家庭を大切にする従業員として誇りを持てるよう制度の充実に取り組んでいます。

社内外からの評価を反映する従業員表彰制度

経営理念に基づく行動を徹底し成果を出した従業員を、年度末の式典で表彰しています。グループ表彰は「個人表彰(管理職表彰、一般社員表彰)」と「組織表彰」 があります。2019年度は個人表彰100名、組織表彰51店舗の従業員、合わせて1,000名以上を表彰しています。また、日々寄せられるお客様の感謝の声を「お褒めの言葉」として、対象店舗の従業員を随時表彰しています。

人財育成の強化と育成スピードを高めるキャリア制度

店舗で活躍する従業員、社外で活躍する従業員、将来の経営幹部となる従業員など、幅広い層の人財強化を進めています。店長やコミュニケーション能力の高い専門家育成に向けた教育体制の整備、自己申告制度や部門間のジョブローテーション、外部教育機関での研修、今後拡大していく新規領域の事業推進を担う人財育成を目的とした提携企業への出向など「今から活躍する人財」を育成しています。

ライフステージに合わせた支援制度

少子高齢化により、育児や介護などのライフステージにおいて、時間や場所に制約されない働き方を選択できる人事制度を導入しています。法定基準を超える独自の基準を設けることで、安心して仕事と育児・介護の両立ができるよう支援しています。

法定基準を上回る育児等関連諸制度

制度 内容
配偶者出産特別休暇制度 2日間の特別休暇(法定なし)
育児時間制度 3歳を迎えるまで(法定は1歳未満)
育児短時間勤務制度 小学校就学終了まで(法定は3歳未満)
子の看護休暇制度 7日、2人以上は14日(法定は5日、10日)
中学校就学するまで(法定は小学校就学まで)
育児のための限定勤務制度 勤務時間の固定、土・日・祝の休日の固定
片道60分未満通勤(法定なし)
積立有給休暇制度 時効により消滅する年次有給休暇を積立(法定なし)

プラチナくるみん認定

「基準適合認定一般事業主」の認定事業主マーク (プラチナくるみんマーク)をドラッグストアとして初の認定を取得しています。育児休業取得後、1年以上継続して在籍している女性従業員は96%となっており、認定基準90%を大きく上回る成果を上げています。
2019年度は、育児休職取得者455名(女性444名、男性11名)、育児休職後の勤務復帰率は94%を達成しています。

シニア及び障がいをお持ちの方の就労支援

今後ますます推進されるシニアの雇用拡大のために、柔軟な働き方を確立し、活躍できるように支援しています。 障がいをお持ちの方には、一人ひとりの能力に応じて、労働単価を設定し、業務内容を割り振りながら自立して活躍できる場と機会を提供しています。店舗に駐在する従業員も中部地区に限らず、関東、関西、北陸へとエリアを拡大し、健常者と障がいをお持ちの方が一緒に働くことができる企業風土をつくります。

選択できる柔軟な働き方

■定年退職後再雇用制度

65歳まで勤務可能な定年退職後再雇用制度を導入しています。長い業務経験で培ったスキル・能力は薬剤師などの有資格者や管理職経験者は後進の育成に、店舗勤務者は引き続きまごころを込めた親切な接客で活躍いただいています。

■シルバーアソシエイツ制度(シニアいきいき倶楽部)

65歳以上の方と業務請負契約を結び、いつでも好きな時間に 自分のペースで働いていただける仕組みにより、出勤日や時間を自由に決められるという、これまでにない働き方の提供を2017年度より開始しました。家庭で時間にゆとりのあるシニアの方に、社会との接点を提供することで、心身両面の健康に寄与し、健康寿命を延ばすことを目指しています。

登録者数(2019年度) 985名
登録者の平均年齢 70歳(最高齢84歳)
スギスマイルの活動

企業在籍型職場適応援助者9名、障がい者職業生活相談員28名が、障がいをお持ちの従業員の業務指導や日常のサポートを行い、障がいをお持ちの従業員316名が、本社では郵送物の仕分けや清掃、商品出荷による物流支援を、店舗では巡回清掃や店舗清掃、商品陳列業務に携わっています。

2017年度 2018年度 2019年度
障がい者雇用人数 261名 288名 316名
障がい者雇用率 2.36% 2.41% 2.47%

従業員の健康増進

トータルヘルスケア戦略を進める当社グループが、まず最初に実施すべきことは、最も身近なステークホルダーである従業員の健康増進です。そのため、喫煙率ゼロ、健康診断や特定保健指導の実施率100%、乳がん・子宮がん検診の受診率100%などの達成を目指しています。

2022年度までの健康増進目標

2022年度目標の達成に向け、2020年度は全社喫煙率を13%に低減、特定保健指導実施率100%に取り組みます。また、当社グループは女性従業員比率が高いことから、乳がん検診受診率85%、子宮がん検診受診率70%達成を掲げています。

2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
(目標)
2022年度
(目標)
定期健康診断受診率 92.7% 99.7% 98.6% 100% 100%
乳がん検診受診率 77.5% 77.6% 78.9% 85.0% 100%
子宮がん検診受診率 57.6% 58.4% 60.0% 70.0% 100%
特定保健指導実施率 7.9% 88.4% 100% 100%
喫煙率 17.9% 17.0% 14.9% 13.2% 0%
  • * 新型コロナウィルスの影響により、2019年度の対象者への指導は2020年8月頃まで実施予定
経営理念に基づく「健康経営宣言」

従業員をはじめ、あらゆる人々の健康の維持・増進に努めることは当社グループの使命です。健康経営推進体制を強化し、従業員が主体的に健康維持・増進に努める「健全な職場環境づくり」を推進することを宣言しています。

「健康経営優良法人2020」に認定

従業員の健康増進を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」に関する当社グループの各種取り組みが優良であると評価され、経済産業省と日本健康会議が共同で選出する「健康経営優良法人2020(大規模法人 部門)」に認定されました。

メンタルヘルスへの取り組み

2007年3月にドラッグストア業界で初めて、従業員向けの「メンタルヘルス推進室」を設置し、その活動をスタートしました。現在はメンタルヘルス全般の相談窓口として「メンタルヘルス110番」を設置し、幅広い対応を進めています。

■ストレスチェック

こころの健康問題の予防と早期発見を目的に、年に1回ストレスチェックを実施しています。従業員が手軽に自身のストレスの状態を把握できるように、個人のスマートフォンからも実施できるようにしています。

■メンタルヘルス110番

従業員がいつでも安心して相談できるよう、個人が会社を通さず利用できる外部の産業カウンセラーによるメール相談、電話相談ができる体制を整えています。