サステナビリティSustainability

地球環境への貢献

  • SDGs6
  • SDGs7
  • SDGs13
  • SDGs17

サステナブルな地球環境が存在してこそ、事業継続、店舗運営の継続を行うことができます。そのために循環型社会、脱炭素社会の実現を目指し、環境を含めた各種対策に取り組んでいます。

脱炭素社会の実現

2021年度は、脱炭素社会の実現にむけて、取り組みを強化していく1年にします。
CO2排出量の見える化を行い、その CO2排出量をベースに毎年段階的に削減できるよう計画を策定します。なお、中長期目標に関しては、政府の動向を見つつ目標設定することを検討しています。

温室効果ガス排出量の削減・使用電力の削減(省エネ)

店舗や本社、各事務所の温度のきめ細かい管理、空調の定期清掃、点灯時間の変更などを実施し、使用電力の削減に努めています。店舗内の照明に関しても全店舗LED化に向けて取り組みを進めています。

店舗内照明のLED導入実績

再生エネルギーへのシフト

再生可能エネルギーへの転換を実施すべく、店舗において、太陽光パネルによる発電システムの導入などを検討します。

適切な情報開示

TCFDのフレームワークを活用し、適切な情報開示を進めます。

ガバナンス 社長を委員長としたサステナビリティ委員会を設置し、取り組み内容および結果は定期的に取締役会へ報告し、取締役会による監視体制を整備します。
戦略 気候変動の経営への影響を見極めるためにシナリオ分析に着手し、重要なリスク、機会のインパクト評価を実施します。
リスク管理 事業活動を分解し、財務面への影響を試算し、対策を立案します。
指標と目標 リスクと機会を評価するための指標を定め、目標に対する進捗評価を行います。

※気候関連財務情報開示タスクフォース
(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)

循環型社会の実現

店舗、本社、物流センターなどにおいて、「Reduce : 減らす(廃棄物の発生抑制)」「Reuse : くり返し使う(廃棄物の再利用)」「Recycle : 資源に変える(廃棄物の再資源化)」を通して、環境対策に取り組んでいます。さらに「Refuse : 発生回避(廃棄になるものを受け取らない)」の取り組みも強化しました。

製造・配送・販売連携による廃棄量の低減

2021年度は、お取引先様との協業による適正在庫管理、返品の削減、店舗従業員の教育も含めた発注精度向上、使用期限が間近になった商品の販売価格の見直しを実施し、サプライチェーン全体で1店舗当たり廃棄量の低減に向けた取り組みを強化していきます。

プラスチックの削減

2020年7月以降、レジ袋有料化に取り組み、バイオマス素材配合レジ袋への転換を進めました。

レジ袋の使用数量と重量
  2019年度 2020年度
使用数量(単位 : 百万枚) 262 144
使用重量(単位 : トン) 2,000 1,100

およそ半減

レジ袋辞退率 2020年7月以降

74.6%