サステナビリティSustainability

健康的な職場環境

  • SDGs5
  • SDGs8
  • SDGs10
  • SDGs17

従業員は会社を支え企業価値を向上させる重要な「財産」であると捉え、キャリア・働き方の多様性を実現する仕組みや健康的に笑顔で働ける職場環境を整備するとともに、様々なバックグラウンドをもつ人財を受容する組織風土づくりを推進しています。

人財の育成

従業員の能力開発研修の充実

社内資格や職務、役割に「求めるスキル」を明確化し、その「求めるスキル」を習得して現場で実践できるようにするための教育を実施しています。今後、従業員1人当たりの平均研修時間を増やし、人財の育成に取り組んでいきます。

JOB型の人事制度への転換

経営幹部の育成を目的として、管理職人事制度の改革に着手しており、求められる役割に対する役割の発揮度について評価される「JOB型」の評価へ転換を進めます。

健康で安全な働き方への改革

健康経営の推進

〜前年に引き続き「健康経営優良法人2021」に認定〜

従業員の健康増進を経営的な視点で考え、戦略的に実践する「健康経営」に関するスギ薬局グループの各種取り組みが優良であると評価され、経済産業省と日本健康会議が共同で選出する「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」に認定されました。
従業員の健康リテラシーを高め、健康改善への主体的な取り組みを支援することを目的に、将来、生活習慣病になるおそれのある方に対し、生活習慣の改善を促すことで、糖尿病などの生活習慣病を予防しています。
さらに2023年度までに正社員の特定保健指導受診率のよりいっそうの向上を目指します。

〜プラチナくるみん認定〜

スギ薬局において「基準適合認定一般事業主」の認定事業主マーク(プラチナくるみんマーク)認定を、ドラッグストアとして初めて取得しています。2020年度は、育児休職取得者697名(女性651名、男性46名)、育児休職後の勤務復帰率は94%を達成しています。

多様な人財の活躍

ダイバーシティを念頭に置いた場と機会の創出

2029年度末までに「女性管理職比率30%」達成に向けて、人財育成の強化と社内環境の整備に取り組んでいます。人財育成については、本質的な課題を発見する力や課題を解決するスキル、コミュニケーションやリーダーシップにつながるスキル、商品知識や専門性・管理面での知識、技術的な要素のスキルを習得し、これらを実践できる人財を育成します。社内環境の整備については、福利厚生の充実や社員一人ひとりが会社に対して声を挙げやすい環境を作ることに注力するなど、社員のサポートを強化するとともに、ワークライフバランスの充実を目的とした働き方への改革を推進していきます。

~充実した子育て支援~
〜スギスマイルの活動〜

企業在籍型職場適応援助者12名、障がい者職業生活相談員29名が、障がいをお持ちの方の業務指導や日常のサポートを行い、障がいをお持ちの従業員370名が、全国7拠点で活躍しています。店舗では巡回清掃や店舗清掃、商品陳列業務を、本社では郵送物の仕分けや清掃、商品出荷による物流支援に携わっています。

障がいをお持ちの方の雇用率(2020年度)

2.36%