グループビジョンGroup Vision

地域の人々から、身近で、気軽に、頼られる存在に。

地域の各店舗がそれぞれの商圏でお客様の満足を考え、10店舗程度のエリア単位で、より地域密着の取り組みサービスを強化します。
ドミナントエリアの中核となる店舗を中心に、行政等とも協働し、ウォーキングイベントの開催など、様々な健康・キレイ関連の取り組みが地域の中で深耕しています。

核店舗

写真:核店舗

地域ドミナント(10店舗程度のエリア単位)の中核を担い、地域の皆様の「ウェルネス」実現のための拠点として、「体験していただくこと」を重視したソリューション型店舗。
商品を提供するだけでなく、お客さまの生活に寄り添い、薬剤師、管理栄養士による正しい商品のご紹介や安全で効果的な使用についての情報提供を行います。

地域密着事業

写真:地域密着事業

地域密着を進め、地域と連携した様々なイベントを開催。
地域の人々が、明るく、前向きで、快適な生活を送れるように支援しています。
主な開催イベント:ウォーキング、グラウンドゴルフ、朝市野菜販売、ラジオ体操、測定会(血管年齢・骨密度など)、ベビーセミナー、シニアメイクなど

自治体との包括協定

写真:自治体との包括協定

自治体とスギ薬局が包括的な連携のもと相互に協力することで、ウェルネスを推進するまちづくりを進め、「地域の方々の明るく、前向きで、快適な生活の支援」・「地域の活性化」・「地域包括ケアシステムの推進」に取り組んでいきます。(主な包括協定:西尾市、大府市、常滑市、日進市、知多市、知立市、長久手市、刈谷市)

PHR(Personal Health Records)

写真:PHR

ヘルシーラボは、医療・食事・運動の環境面を医師・管理栄養士を中心とした専門家が全面的にサポートする新しい形の健康管理の提案です。個人の健康データ(Personal Health Record:PHR)の活用により、個人が生涯にわたり自分自身に関する医療・健康情報を収集・保存し、健康年齢の把握に役立てられます。ヘルシーラボは、名古屋ステーションクリニック監修のもと、医師・管理栄養士を中心とした専門家たちのアイデアや意見を集めて開発されました。

巡回検診

写真:巡回検診
写真:巡回検診

自治体と連携し、店舗の駐車場を活用して、乳がん・肺がん・大腸がんの集団検診を実施。
検診未受診者(特に被扶養者)の受診率を向上させ、予防・未病段階からの健康意識醸成を支援しています。

健康経営支援サービス

写真:健康経営支援サービス

働き方改革のなか、社員の健康に投資して業績向上を図る企業が増えています。ONLINE KARTEは、従業員の健康管理を簡単に可視化することをコンセプトに提供しているクラウド型の健康管理システムです。健診予約、健診結果閲覧から、ストレスチェック、医師や管理栄養士への健康相談、法的手続きまで、全てがWEBで完結され、個人はPC・スマートフォン等で体調がワンストップで管理でき、健康経営推進が可能です。

※ONLINE KARTEは、健診施設、医師、コメディカルなどが、企業様からの悩みをもとに開発され約10年の実績があります。蓄積した健康データを基にAIを活用したビッグデータ分析を通じて、より個人に適した健康増進メニューの提案を予定しています。

疾患発症リスクの軽減

写真:疾患発症リスクの軽減

管理栄養士による特定保健指導、ダイエットプログラムなどを通じて、地域の人々のメタボを改善。
生活習慣病にかかりにくい、カラダつくりを支援します。
また健康保険組合等と連携し、退院後の生活習慣病重症化予防も支援しています。

24時間営業店舗

写真:24時間営業店舗

ドラッグストア・薬局の24時間営業を行う店舗です。薬剤師の24時間常駐により、深夜の“処方箋調剤対応”、急病時に近隣の医療機関が閉院の際の“健康相談&OTC販売”、“24時間の健康相談”を実施。また地域医療の拠点として、深夜においても、他職種との連携や種々のサポートも行います。

訪問調剤/訪問栄養指導

写真:訪問調剤/訪問栄養指導

薬剤師・管理栄養士による訪問調剤・栄養指導。高齢者の尊厳を守り、患者様とそのご家族のQOLの向上をサポートするとともに、住み慣れた場所で患者様が人生の最期を安心して迎えることができる地域医療を支援しています。
[参考]在宅実施店舗数:484店舗(2019年11月末時点)

宅配事業

写真:宅配事業

有料老人ホームなどの消耗品や日常的な買い物が困難な買い物弱者の方へ、一般用医薬品・化粧品・日用品・食品などを配達するサービス。疾患をわずらっても快適な生活をおくれるように地域の生活者の買物を支援していきます。まずは在宅患者様への訪問サービスの一貫として実施しています。

訪問看護/居宅介護支援

写真:訪問看護/居宅介護支援

訪問看護ステーション事業・居宅介護支援事業。地域医療機関ならびに社会福祉事業者との連携を強化し、年齢をかさねても障害をわずらっても、住みなれた町でいつまでもいきいきと暮らせるように支援しています。
[参考]訪問看護ステーション数:10箇所(2019年11月末時点)
    居宅介護支援事業所数:5箇所(2019年11月末時点)

ICTを活用した医療サービス

写真:ICTを活用した医療サービス

オンライン診療、オンライン服薬指導、電子処方箋、処方薬の配達、オンライン相談など、ICTを活用することで、一人ひとりの患者様のリアルタイムな健康状態に基づいて、最適な健康管理・医療サービスを提供。

※画像はイメージです。